プラセンタは新たな細胞を作り出す

プラセンタというのは、生命をはぐくむ源だという表現もできるのではないでしょうか。
プラセンタには、タンパク質や脂質、ビタミンや糖質、ミネラルなどといったように生命を生んで育てていくために必要となる栄養素がすべて含まれているのは言うまでもありませんが、注目されているのは、それらの豊富な栄養素だけではありません。
プラセンタには、成長因子が含まれているのが最も特徴的なのです。

コラーゲンやレスベラトロール、ヒアルロン酸、高麗人参、マカなどにも滋養強壮や美肌に効果があると言われていますが、成長因子が含まれている点で、プラセンタはそれらの成分と一線を画しているといえます。
この成長因子の働きがどういうものかというと、細胞分裂を活発化させて、細胞を臓器へ作り変えていくほどの働きがあるということです。
プラセンタが身体に摂りこまれていくと、全身の細胞において新陳代謝が促進されて、新しい細胞を作り出し、代謝を向上させ、体質を改善し、さまざまな組織や機能を若返らせるといった効果を期待することができます。

そして、この成長因子には、さまざまな作用を身体にもたらしてくれるのですが、細胞を増殖させたり分化させたり、修復や再生を促してくれます。
つまり、老化現象を引きもどして若返らせたりするだけのパワーを秘めているのです。
アンチエイジング効果が期待されて、サプリメントや化粧品でプラセンタが配合されているものが人気を集めているのも、こういった作用が美肌や健康にいいと実感している人が多いからではないでしょうか。

なかでも、HGFと呼ばれている肝細胞増殖因子などについては、再生する力や修復する効果の高さに注目が集まっており、再生医療の分野においても注目されています。
成長因子というのは、実は体内で生成されている成分なのですが、年齢を重ねるごとに生成量が減少してきてしまうのです。
新陳代謝が年々鈍くなっていき、古くなった細胞から新しい細胞へと置き換わらなくなってしまうと、見た目にも機能の面でも細胞は老化してしまい、衰えていきます。
プラセンタは身体の細胞を活性化させて若さ維持の強い味方となるのです。