理想的な選び方のプラセンタ視点

理想的な選び方のプラセンタ視点

最近では、数多くのサプリメントや化粧品などにプラセンタが配合されていますが、そのなかで、どの商品がプラセンタの効果をよりよく発揮するのかについては、充分に吟味してから選びたいものです。
それには、まず原料に何が使われているのかについて知っておいた方がいいでしょう。
単にプラセンタが配合されていると記載されているだけでは、本当に効果があるのかどうか判断できないからです。

プラセンタがどの程度効果を発揮するのかについては、その品質によって、大きく異なってきます。
いくら哺乳類の動物の胎盤が原料だとしても、その品質が悪い場合には、あまり効果を期待することができない場合があるのです。
その原料の品質についてですが、ヒト、馬、羊、豚などの動物のどの胎盤が使用されているかについては、一概にどれがいいとは断言できません。

また、濃度と配合量によっても効果が異なってきますので、そのあたりは価格と相談しながら決めればいいのではないでしょうか。
どの動物のプラセンタがいいかというよりも、原料を知るうえでは、どういった環境で育った動物の胎盤を使用しているのかについての方がより重要なのです。
例えば、同じ品種の獣肉でも、育て方によって肉の味が全く異なってくるように、育て方次第で胎盤に含まれている有効成分の濃度や質が異なってくるのです。

そこで、プラセンタのサプリメントや化粧品などを選ぶ際には、徹底された品質下で育成された動物であるということを明記されているものを選ぶことが非常に重要なのです。
たとえば、デンマーク産の豚やSPF豚は、いわゆるブランド品で、これらの豚は厳しい基準をクリアした環境で育てられたものです。
馬については、競走馬のイメージが強いサラブレッドが非常に優れた原料であるといえるでしょう。

アミノ酸の含有量については、一般的な豚よりも優れていると言われています。
そこで、高価でもサラブレッドのプラセンタが人気が高いようです。
羊についてですが、サプリメントのロールスロイスと呼ばれているほどMF3で使用されている羊は、食用としてではなく医療用の動物として育てられており、品質管理が徹底されています。